12月後半から妻が切迫早産で約3週間入院していました。
その間娘は私や、私の実家(主に母親)と過ごしていました。
本人も色々と大変なことはあったと思いますが、改めて振り返るとここ1ヶ月位でとても成長しました。

※切迫早産の際の関連記事はこちら

おしゃべりも上手になりましたし、遊びの幅も広がりました。
「ひとりで」しようという意志も強くなってきました。

妻の入院と直接的に関係があるかはわかりませんが、
タイミング的にはその頃からの変化が大きいので、
大変な状況の中で娘が自分から成長したのかなあと、なんだか嬉しい気持ちです。

せっかくなので、そんな娘の成長を記録しておきます。
きちんと記録しておかないとついついそのまま過ぎ去ってしまいそうでもったいないので。

おはなしがじょうずに

これは圧倒的に変わりました。
もちろんまだまだ舌足らずなことや、言葉がわからないことも多くありますが、
結構大人が話していてもおかしくないような発言も増えてきました。
例えばこの前の雪のときも

むすめ
ばばとゆきだるまさん(つ)くったんだー。とどもこんどいっしょにつくろう

と言っていましたし、その前にデニーズで貰ったおもちゃを説明するときも

ぽてとたべてもらったんだー

いっぱいぽてとあるよ、かれーらいすもあるよ

こわいの(妖怪ウォッチのふりかけに書いてあるおばけをこう呼んでいます)もいっしょにいく?
めめはおんなじのもらうんだ(またカメラをもらうという意味)

などかなりしっかり話していました。

改めてここに書いていても感激です。
本当にしっかり話せるようになったなあと思います。

ちなみにおもちゃを貰ったデニーズの記事はこちらです。

「ひとりで」やるように

「ひとりでできる」「自分でやる」ということがすごく増えました。
これまでもそういうことはありましたが直近はとても増えました。
最近だとお風呂前後の「服を脱ぐ」、「服を着る」という動作は一人でやりたがります。
実際に完全に一人でできるのは「おむつをぬぐ」「パジャマのズボンを履く」という2つですが、
それ以外も頑張ろうとします。
(最終的には私が手伝って、一緒にやるようにしています)
パジャマのズボンは日を追うごとにスムーズになっていっています。
子供の成長は本当に早いです。

また、手先も非常に器用になったこともやれることが増えた要因です。
細かい作業も随分とできるようになってきました。
ものの仕組みがわかってきたこともあるのだと思いますが、
やはり器用さの向上はかなり見られます。

これは昨日気づいたのですが、ペットボトルのお茶に対して

ひとりでできるよ
と言って、
・蓋を開ける
・自分で飲む
・蓋を閉める
ということを一人でやっていました。
以前から開けることはできたのですが、今は一人で全部できます。
これはとても感動しました。

あそびの幅が一気に広がり「ごっこ」遊びもできるように。

ぬいぐるみやお人形に自分の世界で役割を与えて、遊んでいるように見えます。
児童館でいつも出席カードを返してもらっているのですが、
それを真似て自分が先生役になり、
いろいろなぬいぐるみを呼んではカードを渡しています。

また、おもちゃのベビーカーにぬいぐるみを乗せてお散歩に行ったり、
お買い物ごっこで沢山遊んだりします。

まだお金の勘定などはできませんが、
母親を見てか
「袋は大丈夫です」
などおもしろいセリフを覚えており、一緒に遊んでいてとても楽しいです。

お医者さんごっこなどもだいぶするようになりました。
すぐ注射をするか、目薬をするかになってしまいますが(笑)

おしゃれに興味が?

肌着やパジャマが小さくなってきたので、新しいものを購入しました。(@赤ちゃん本舗、ユニクロ)
するとそれを見ながら

これ、めめがかったんだー

と説明してくれ、実際に着たあとは

これかわいいでしょー

おしゃれでしょー

と嬉しそうに見せてくれます。

着るコートも以前よりもこだわりが強くなったようで、
いくつかあるもののうち、ピンクのコートを着たいということが増えました。

女の子らしく徐々におしゃれに目覚めてきたのかなあと感じます。

周囲に対して色々と親切にしてくれます

これは以前からですが、私がご飯を食べていると
「めめやるか?」
と聞いてスプーンで食べさせてくれます。

また、最近はお風呂に一緒に入っている時に、
私の足や背中を洗ってくれるようになりました。

いろいろなことに対して
「めめやろうか?」
と言ってくれたり、
自分が気に入っているものについて話していると
「こんどととにも買ってあげるね」
という気前の良い話もしてくれます。

ぬいぐるみに対してもお姉ちゃんとして面倒を見るような行動が増えました。

もうすぐお姉ちゃんになるので、弟に対する接し方もとても楽しみです。
もちろん最初は戸惑うでしょうし、これまで親を独占してきたところからの変化で、寂しくなることもあると思います。
でもきっと優しいお姉ちゃんとして弟の面倒を見てくれるのではないか、
そんな期待でわくわくです。

完全に自己満足ですが、こうして書いているととても楽しいですし、
あとで振り返ってもそのたびにか感激できそうです。
娘もきっと自分では忘れてしまうので、こうしたものを残して置くのは良さそうです。
定期的に成長の記録も書き残して行こうと思います。

最後までお読みいただきありがとうございます。

少しでも役に立ったり共感できる部分があれば
下のボタンから
「いいね」や「シェア」、「はてブ」、「ツイート」などで応援していただけると嬉しいです。
よろしくお願いいたします。
ありがとうございます!

よかったら他の記事もクリックしてみてください。

Twitterもやってます(フォロー歓迎)

おすすめの記事