育休中は特に曜日は関係なく休み。
(もちろんやることは毎日たくさんあるわけですが)
せっかくなので休日の混雑が激しい所に平日に行こう
→「そうだ、ディズニー行こう」
ということでディズニーシーに娘と2人で行ってきました。

これまでも娘と家族でランド、シーに行ったことはありましたが、
父子の2人は初めてです。

行ってみた感想とポイントを書いておきます。
割と個人的な話に終止してますが・・・
思い出残しに。

女の子はショーがお好き?

訪問した2月16日にはピクサーのキャラクターが集まるショーをやっていました。
そして、11時ころに園内に入るとまさにショーが始まった所。
娘は大喜びで

むすめ
これみる!

と言い、そのまますかさず

かたぐるまして!

とのこと。

結局肩車でそのショーをしばらく見ることになりました。
ショー自体はトイストーリーや、インサイドヘッド、Mr.インクレディブル、ファインディング・ニモなどピクサーのいろいろな映画キャラクターが次々と出て来るもので、歌や踊りがあり、実際とても楽しかったです。
娘もとても喜んでいました。

中でもうちにぬいぐるみがあるモンスターズインクのサリーが良かったようで

サリーさんいたね。サリーさんこうやってたね

とサリーが口に手を当てる仕草をしていたのをずっと真似していました。

そしてその後も園内でショーの予兆を感じるたびに立ち止まり

これみる!かたぐるまして!

が続き、結局3つのショーを見ることになりました。

娘はとても満足そうで良かったです。
私はこれまでディズニーランドは乗り物アトラクションの場所だと思っていたので、
ショーをあまり見たことがなく、新鮮でした。
娘はどうもショーがかなり好きなようです。
今後色々遊ぶ際の参考にしたいと思います。

これは女の子だから、なのでしょうか。。。

食事は「カフェ・ポルトフィーノ 」がおすすめです

ショーを見終わった後はその後に備えてランチを取りました。
今回行ったのは入り口近く「メディテレーニアンハーバー」にある
「カフェ・ポルトフィーノ 」です。
ポルトフィーノの公式サイトはこちら

ここは子連れで行くのによく、特に2歳の娘と2人でも食事がしやすかったので良かったです。

子供にはお子様セットが用意されている他、
パスタやパンなど比較的食べやすいものが多く用意されています。
いちごのパンナコッタやオレンジムースケーキなども喜びます。

食事も好きなものをトレーに乗せる式ですが、
キャストの方がサポートしてくださるので、大人1人に子供1人でも大丈夫です。

座席についても4人がけのソファーつき席に座らせてもらえたので、
ソファーで隣り合ってゆっくりご飯をあげることができました。

混雑度合いやメニューの内容を考えるとディズニーシーの中でも子連れで行きやすい、
少なくとも父娘の2人で行きやすいレストランだと思います。

娘はお子様セットとストロベリームースを食べました。
カフェ・ポルトフィーノのお子様セット
なお、お子様セットにはディズニーラベルのジュースが付いてきます。
娘は見慣れないパッケージに

のまない

と言っていたのですが、試しに一口、と言って飲ませた所

すきだった!

と嬉しそうにいってごくごく飲んでいました。

私は娘がお子様セットを食べなかった時に備えて
シーフードのトマトクリームソースのパスタにしました。
(結局私だけで食べました)
美味しかったです。

なお、私はついでにビールを頼んで堪能しました。
ディズニーシーはアルコールメニューがあるのがありがたいです。

キャラクターとのふれあいに父娘大喜び

今回娘がショーに加えて喜んでいたのがキャラクターとのふれあいです。
グリーティングと、道端であったキャラクターを合わせると
全部で5キャラクターと触れ合い、サインをもらって写真を撮りました。

きちんとグリーティングであったのが
・アリエル
・ミニーマウス
・ドナルドダック
で、道端であったのが
・ホセ
・パンチート
です。

前回ディズニーシーに来た際に購入したサイン帳(AUTOGRAPH BOOK)を渡して
娘がサインをお願いしていました。
恥ずかしそうに、おっかなびっくり渡す様がとても可愛いです。

いつもながらですがどのキャラクターもとても親切で、娘も大喜びでした。
グリーティングであった3キャラクターも良かったですが、
今回特に良かったのはホセとパンチートでした。

今回は比較的空いていたので対応にゆとりがあり、
かなりゆったりと娘と接してもらうことができました。

娘はキャラクターの周りにいたゲストの中でもかなり小さい部類なので、
他の人からも
「かわいい」
と言っていただき、
パンチートからもキスをしてもらったりしていました。
娘からもお礼に投げキッスをした所パンチートがくらくらに(笑)
父親としても大満足でした。

ホセとパンチートはかなりのイケメンですね。
サービス精神旺盛で、気遣いもあり、面白さも有り、私もファンになってしまいました。
娘も帰ってから

とりさんいたね、(サインを)かいてくれたね

と嬉しそうに話していました。

また、今回人魚姫アリエルが一部日本語で娘に話しかけてくれていました。
アリエルは英語しか話さないと思っていたのでちょっと驚きです。
残念ながら緊張していた娘は
サインに対して小声で
「ありがとう」
を言うのが精一杯でしたが、良い思い出になりました。

ディズニーのグリーティングチケット

アリエルのグリーティングを待っている間のチケットです

結局上に書いたショーとキャラクターグリーティングで大半の時間を使い、
今回それ以外のアトラクションは2つ
(コーヒカップと蒸気船)だけでした。

私にとっては普段と違う遊び方でしたが娘も楽しそうでしたし、満足です。

長いグリーティングは子供が寝ている時に並ぶと吉

子供とディズニーに行った際の有効な時間の使い方として
「子供が寝ている間にグリーティングに並ぶ」
という策を妻から伝授され今回実行しました。

人気キャラクターのグリーティングはかなり待ち時間が長く子供が待っているのは大変です。
そこで、子供がお昼寝する時間を使ってグリーティングに並びました。
2人いると片方が並んでいることができますが1人だと子供が必ず列で待つ必要があるので、
この方法はとても有効でした。

ただ、この日はかなり空いていて、ミッキーもミニーも45分待ち位だったので、
結果的に早めに起こすことになってしまいましたが・・・
また行く機会があったら時間を見ながら実行しようと思います。

父娘2人だと「皆様おそろいですか?」とよく聞かれます

父娘の2人だとキャストの方に
「皆様おそろいですか?」
とよく確認されることに気づきました。

母親が別にいて列で待っているように見えるんですかね。
まだまだ父親と娘の2人は少ないのかもな、と思いました。
(もしかしたら母娘の2人でもかなり聞かれるかもしれませんが)

前提としてこういうのきっちり確認してくれるのがさすがディズニーです。

ディズニーシーはアルコールがあるので娘とのデートにぴったりです

ランドとシーの(私にとって)大きな違いの1つはアルコールメニューです。
ディズニーシーではビールやワインなどのアルコールが提供されます。

育児中はなかなか家でお酒が飲めない、飲み会に行くこともない、
一方で娘とデートだとテンションが上がる、
ということで娘と外に出ている時にチャンスがあると私はよくアルコールを飲んでいます。
ビールを飲んでいるのはこのあたりの投稿です↓

今回もランチにビールを、
外を歩いている時にホットワインをいただきました。

娘とディズニーシーでデートしながらお酒を飲めるなんて・・・
なんて幸せなんだ!

次はランドに行くと思いますが、必ずシーにも戻ってこようと思います。

おみやげの買い過ぎに注意

ディズニーリゾートに行くと、人は沢山お土産を買ってしまうようです。
うちも例外ではありません。
が、今回は持つ手が少ないことに気づきました。

大人は私1人、しかも帰りには娘が疲れて抱っこをすることが目に見えています。
荷物が増えすぎるとアウトなやつです。
家で待っている人が多い分おみやげも増えてしまいがちですが、
この辺は注意していました。

娘が比較的小さいものを選んでくれたので安心でしたが
油断すると荷物だらけで帰りが大変になりそうなので今後も気をつけようと思います。

早い閉園の日は子連れにはチャンスかも

なお、今回は妻がこちらのディズニー混雑予想サイト
http://www15.plala.or.jp/gcap/disney/
で2月の16日が空いているからとおすすめしてくれたのでこの日に行きました。
確かに雨でもないのにかなり空いている予想になっています。
そして実際に行った所やっぱり空いていました。

ただ、1つだけポイントが、
実はこの日は夜が貸し切りなので18時30分で営業が終了だったのでした。
せっかくディズニーに来たら夜まで長く遊びたい、という人が多いのでしょう。
この時間の閉園だとディズニーシーを選ぶ人は減ると思います。

一方で小さいこどもと一緒だとお泊りディズニーでなければ遅くまでいるのは難しいです。
結局そのくらいの時間には帰ることになります。
となると実は早く閉園する日は子供と行くには狙い目の日なのかも、と思いました。

なかなかそういう日もないですが、今後も少し意識しようと思います。
今回始めて調べましたが貸切イベントは時々あるんですね。
http://kininaru-disney.com/tds-20180216-earlyclose/
事前に把握することができそうなので、
逆張りで狙ってみることも考えます。

以上、とても楽しかった2歳娘とのディズニーシーデートでした。
疲れましたがまた行きたいです。

付き合ってくれた娘に感謝、
そして家でお留守番をしてデートを許してくれた妻と息子に感謝です。

最後までお読みいただきありがとうございます。

少しでも役に立ったり共感できる部分があれば
下のボタンから
「いいね」や「シェア」、「はてブ」、「ツイート」などで応援していただけると嬉しいです。
よろしくお願いいたします。
ありがとうございます!

よかったら他の記事もクリックしてみてください。

Twitterもやってます(フォロー歓迎)

おすすめの記事