Twitterで小さい子供がいる方からGoogle homeをお勧めいただきました。
気になって調べた結果、
google homeも面白そう、
一方で、我が家はAmazonのヘビーユーザー、アレクサも面白そう。
ということで、まずはAmazon Echo Dotを購入しました。
(使ってみたら思いの外良かったので、google homeも注文中です。どこかで比較します)

我が家の子ども、特に2歳の娘に好評です。

小さい子どもがいる子育て家庭で特におすすめできる使い方や、
おすすめのスキルを我が家の娘とAlexaの絡みと合わせてご紹介します。

娘とのやり取りの様子も見ながらお楽しみください(笑)

前提として2歳娘とAlexaの会話は難しい

アマゾンアレクサを起動するには
“アレクサ”
などの起動ワード(ウェイクワード)を伝える必要があります。
我が家の場合はデフォルトの「アレクサ」のままにしています。
しかし、2歳の娘がこれを正しく発音することは難しいです。

もうすぐ三歳でそれなりに会話はできる娘ですが、
アレクサと言おうとすると

あえくちゃ
もしくは、

あえくしゃ

に近い感じです。

他にも会話の中で伝わらないことが多々あります。
が、本人はさほど気にしていない様子で、
間違って聞き取られても特に悲しそうな素振りは見せません。
また、大人がサポートすれば十分楽しめます。
(大人が話しても通用しないことはありますが)

アレクサは音楽を流すほか、歯磨きや遊びに有効

Alexa(Amazon echo)は音楽プレーヤーとしてかなり優秀です。
聞きたい曲やジャンルなどを伝えればすぐに流してくれます。
娘といる時は
「アレクサ、アンパンマンの音楽を流して」→アンパンマンのベストアルバム
「アレクサ、ありのままでを再生して」→Let it go
※Let it goを指定すると英語版が流れてしまいます
「アレクサ、おかあさんといっしょの曲を流して」→おかあさんといっしょメモリアル・アルバムを再生

などです。

曲の切り替えも「アレクサ、次の曲」と切り替えられるので楽ちんです。

これまで音楽はAWAを利用したので、
Amazonはあくまでプライムの範囲内でした。
しかし、今回アマゾンエコーを購入したので、
Echo専用のAmazon Musix Unlimitedプランに加入して、音楽を更に楽しんでいます。

また用意されている各種スキルには子ども向けのものも沢山あります。
アレクサの拡張機能、アプリのようなものをスキルを呼びます

子どもの歯磨きをサポートしてくれたり、
色々と一緒に遊んでくれます。

ここからはそんなアレクサの優秀なスキルを紹介していきます。

アマゾンアレクサ。2歳娘が特に喜ぶスキル紹介

★ディズニー絵本の読み聞かせ

正式名称は
講談社のディズニースーパーゴールド絵本
です。
きちんとした吹込みで
・白雪姫
・シンデレラ
・リトルマーメイド(人魚姫)
の絵本を読んでもらえます。

長さはそれぞれ5分程度でしょうか。
子どもでも聞ける長さです。

娘はこのスキルが大好きで、よく

おひめさまのえほんよんでもらう

と言っています。

ただ、このスキル、立ち上げ直後にどの絵本が良いか聞いてくれるのですが、
娘が伝えるとなかなかうまく伝わりません
Twitterにも書きましたが、こんな感じです。


とはいえ、2回に1回くらいはうまくいきますし、
娘も根気よく頑張っているので、これはこれで良いのかなと。

映像がなく、音だけなので寝る前でも刺激は強すぎません。
ディズニープリンセスが好きな子どもにおすすめできるスキルです。

動物クイズ

ヒントを元にそれがなんの動物かをあてるゲームです。
これもかなり娘が楽しくやっています。

内容的には子どもには難しいものが多く、
また、やはり娘の発音の聞き取りは難しいので、よく

「ぶっぶー、違います」

とアレクサに言われてしまいますが、それでも楽しくやっています。
大人でもわからないことがあり、時々勉強になるスキルです。

オトッペの音あそび

NHK教育テレビの「オトッペ」のスキルです。
流れる音がなんの音かをあてるゲームです。
とても楽しいのですが、2018年8月28日現在うまく起動できません。

少し遊んだだけなので残念ながら詳細にレポートできず。

ピカチュウトーク

ピカチュウが呼べます。
何やらピカピカ言っているだけにも思えますが、子どもは結構楽しいようです。
色々話しかけています。
子供の言葉がきちんと聞き取られてもいなくても会話が続いているように見えるのが良いです。

最初の頃に、もういいのかなと思って
「ピカチュウ、バイバイ」
と行ってピカチュウに帰ってもらったところ、娘が寂しそうに

ぴかちゅう、またきてほしい

と言っていたので気に入っていたことに気づきました。

娘はピカチュウに薬や食べ物をあげるのが好きなようです。

はみがきくん

子どもが歯磨きをしやすくしてくれるスキルです。
「右の奥の歯しゅっしゅっしゅ、しゅっしゅっしゅ♪」
のような形で歯磨きの歌を流してくれます。

娘はまだ言われている場所を磨くことは難しいです。
それでも音楽をかけると楽しそうに歯磨きをしてくれるので助かります。

最近仕上げ磨き用の「しあげみがきくん」もリリースされました。
仕上げ磨きに移行しやすくなったので助かっています。

もぐもぐワオっち

親としてはピンと来ていないのですが、娘が気に入っているアプリです。
ワオっちというキャラクターが
「お腹が空いた」
というので、食べ物を伝えて食べさせてあげます。

本当は食べ物によって色々な感想が有るらしいのですが
・○○と言ってみてね、と案内される食材(人参など)を伝えても理解できない
・美味しかったしか言わない
という点が大人としては気になりました。

ということで、一度スキルを消したのですが、娘から

のスキルが大好きで、よく

たべさせるやつやりたい

と言われ、
えっ!気に入ってたの!?
という衝撃とともに復活させたスキルです。
今後に期待です。

その他の育児関連アレクサ活用法

子供用品やおもちゃの注文

アレクサは音声だけでAmazonでの注文ができます
(発音がきちんとすれば子どもでもできてしまうのでちょっと怖いです)

おむつやミルクなどは定期便で頼んでいますが、
それ以外の商品は
・在庫がなくなる前にかいたい
・でも後でやろうとするとついつい忘れてしまう
ということになることがありました。

先日調乳用の水がなくなってしまったので購入しました。
また、ついつい買いそびれていた、夢のキャラクター大集合のDVDも、そうだ買わなくちゃと思った時にさっとアレクサで注文できました。

妻「夢のキャラクター大集合のDVD、いい加減に買おうよ」
私「そうだった。アレクサ、夢のキャラクター大集合のDVDを買いたい」
Alexa「Amazonでは○○が見つかりました、価格は2,8XX円です。購入しますか?」
私「はい」
Alexa「注文を送信しました。本日到着予定です」

みたいな感じです。

プライム便なので、ものによっては朝頼むと、その日に到着です。
すごい。

「買わなくちゃ」と「購入」の間がほぼ無くなるのが便利です。
会話の中で自然とそのまま購入に繋げられます。
(スマホでも十分楽なのですが、アレクサなら検索すらいりません)

もしかしたらこれまで以上にAmazonでの買い物が増えて、
Amazonの思う壺かもしれませんが、まあそれはそれで良いことにします。

スマートリモコンと組み合わせて外出先から室温調整

・・・よく考えたらこれはアレクサは使わないですね。
アレクサと連携させるために買ったスマートリモコンをスマホから動かす形です。

子供と外出してもうすぐ帰宅、でも室内が暑い、寒い、というときに帰宅に先んじてエアコンをつけることができます。

室温も確認、設定温度の変更もできるので、帰宅時にちょうどよい温度になるように調整できます。
暑さ寒さが苦手な子どもとも外出も大丈夫です。

今後も新しいスキルはどんどん増えると思います。
色々試しながら娘や、どんどん大きくなっていく息子が楽しく過ごせるよう、
使いこなしていきたいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございます。

少しでも役に立ったり共感できる部分があれば
下のボタンから
「いいね」や「シェア」、「はてブ」、「ツイート」などで応援していただけると嬉しいです。
よろしくお願いいたします。
ありがとうございます!

よかったら他の記事もクリックしてみてください。

コメントも大歓迎です。

Twitterもやってます(フォロー歓迎)

おすすめの記事