自分たち親世代の祖父母=子供にとってのひいおじいちゃん、ひいおばあちゃん孝行の話です。
もちろんいろいろな孝行の仕方があると思います。
中でも元気な顔を見せに行くのが一番。
ですが、遠くに住んでいる場合はなかなか機会もありません。
そんな時に我が家で非常に喜ばれたプレゼントをご紹介します。

LINEモバイルはとてもおすすめなプレゼント

そのプレゼントとは?
LINE Mobile(ラインモバイル)のスマートフォンです。
これをおばあちゃん名義、支払いはこちらにして契約しプレゼントしました。
実はコストが少なく、曾祖父母孝行ができるとてもおすすめのプレゼントです。
その理由をご紹介していきます。

ポイントはLINEモバイルでは、LINEの通信がし放題ということです。
つまり、LINE経由の画像共有や通話がいくらでもできます。

画像や動画の共有がし放題

かわいいこどもの写真や動画をLINE経由でどんどん共有できます。
実家の両親には「みてね」アプリで共有していますが、この場合はWifiの設定か通信量への配慮が必要です。
特に動画ファイルはサイズが大きく必要な通信量が多いです。
通信量に制限のあるプランの場合は送ることを躊躇してしまいます。
画像も枚数が多くなると料金も馬鹿になりません。

 

ところがLINEモバイルの場合、LINE経由で送った写真や動画には費用がかかりません。
いくら送っても基本料金のみです。
これなら料金を気にせずどんどん写真や動画を共有して、一番最新の、かわいい子供の様子を見てもらえます。

 

一番のおすすめはビデオ通話

そしてなんといってもおすすめはビデオ通話です。
これなら子供とおじいちゃん、おばあちゃんで直接コミュニケーションができます。
動画でももちろん可愛さは伝わります。
しかし、実際に通話する体験はまた格別です。
大喜びしていただけることは間違いなしです。

月々の支払いはわずか500円(税抜き)。端末料金も安い。

こんなに便利なLINEモバイルですが、月々の利用料は最安プランだと月額500円(税抜)からです。
LINEが使えるので通話機能なども必要ないですし、
特にそれ以外のサービスを使わないならこの料金で大丈夫です。
実際うちもこの最安プランで契約して、それ以外にはお金をかけていません。

端末代も10,000円程度からあります。
LINEで使うだけならもっとも安い端末で十分です。

端末購入を含めても初年度で16,000円です。
それ以降は1年あたり6,000円。
格安、というわけにはいきませんが、大喜びをしてもらう料金としては決して高くないと思います。

うちでは直接会いに行くと家族で往復2万円程度の交通費がかかります。
電話があるからと会いに行く回数は減らしませんが、
これと比較しても高くない金額です。

 

毎日の画像共有と週一のビデオ通話を楽しんでいます

我が家ではだいたい週に一度、15分~25分程度通話をしています。
娘もこれが大好きで、よく

むすめ
ばあちゃん、もしもしする

といって電話を要求してきます。

電話をかけると祖母は「かわいいねえ」「かわいいねえ」とニコニコとずっといっています。
こうしていると、娘も祖母に慣れるので、実際に遊びに行った際にも人見知りもしません。

また、付随的に祖父母の健康チェックもできます。
毎週話すので、元気がなさそうだったり調子が悪そうだとわかります。
また、もし連絡がつかないと何かあったのかもしれない、と察知することもできます。
(一度間違えた機内モードになっていたようで、慌てたことが有りました)
LINEを使って、私の母とコミュニケーションをすることもできるので、いざという時に安心です。

操作を覚えるのはやはり大変そうですが、それでもINEだけならなんとかなります。
スマートフォンはもちろん携帯を持たない祖母でしたが、これはもってくれています。
しっかり説明をして、説明書を作ってあげれば大丈夫そうです。
一度どうしてもうまく動かない時があったようですが、その場合は固定電話に電話をかけ、
症状を聞きながら対応をすることもできました。

 

終わりに

LINEモバイルは実はとてもおすすめのプレゼントです。
クリスマスや年末、誕生日のプレゼントなどに、よかったらご検討ください。

LINEモバイルのサイト

最後までお読みいただきありがとうございます。

少しでも役に立ったり共感できる部分があれば
下のボタンから
「いいね」や「シェア」、「はてブ」、「ツイート」などで応援していただけると嬉しいです。
よろしくお願いいたします。
ありがとうございます!

よかったら他の記事もクリックしてみてください。

Twitterもやってます(フォロー歓迎)

おすすめの記事