目黒区に碑文谷公園という公園があります。
この地名は「ひもんや」と読みます。
この公園はただの児童公園ではありません。
中にはこども動物広場という場所があり、モルモットなどの小動物と触れ合いができます。
また、ポニーに乗ることができます。
ポニーは少しだけお金が必要ですが格安、
モルモットたちとの触れ合いは無料です。

気軽にいかれて子供もとても喜ぶ場所です。
少し久しぶりに娘と行ってきたのでレポートです。

触れ合えるのはモルモット、ウサギ、犬。特にモルモットとの触れ合いがおすすめです。

触れ合える動物の種類

碑文谷公園のこども動物広場には数種類の動物がいます。
実際に触れ合えるのはモルモット、ウサギ、犬です。
また、触れ合いはできませんがカメも飼育されていてみることはできます。

それぞれの動物の様子

一番のおすすめはモルモットです。

碑文谷公園のモルモットとの触れ合い2

こちらは広場の一角にスペースが用意されています。
そこで椅子に座ると膝の上にモルモットを乗せてもらえふれあいができます。

希望者1人あたりモルモット1匹で時間の制限もないので、
おちついてゆっくりとふれあいをすることができます。

モルモットは非常におとなしく、膝の上でもじっとしていてくれるので小さな子どもでも大丈夫です。
うちも娘が1歳の時から来ていますが、小動物とのふれあいのはじめにぴったりだと思います。

モルモットコーナーに入るとモルモットを乗せる座布団をもらえます。
それを膝において座っているとスタッフの方やボランティアの小学生がモルモットを連れてきてくれます。
その後存分に触れ合い(基本的には背中をなでます)
終わったら手を挙げればまたモルモットを引き取ってもらえるので終了です

混んでいる場合は多少待つこともありますが、基本的にはそれほど混雑していません。
モルモットの数や椅子のスペースもあるので、気軽に触れ合うことができます。

モルモットを受け取る座布団

こんな感じで椅子に座ってお借りした座布団を膝に乗せます

モルモットを運んでくれる小学生ボランティアの方

こんな感じで小学生ボランティアのお姉さんがモルモットを運んできてくれます

碑文谷公園のふれあい広場のモルモット。クローバーちゃん

5月に再訪しました。クローバーちゃんというモルモットです。とてもおとなしかったです。

 

なお、5月に再訪した際には、こども動物広場の敷地内に、
新しくモルモットの囲いもできていました。
たくさんのモルモットが体を寄せ合っている様子はとてもかわいかったです。
碑文谷公園のこども動物広場で体を寄せ合うモルモット

うさぎは放し飼い状態です

碑文谷公園のうさぎ

うさぎはふれあいができるこども動物広場の中を放し飼い状態になっています。
こちらもとてもおとなしいですが、うさぎによっては少し動くので、撫でるのが難しいこともたまにあります。
また、常時出ているのが2頭位で子供に大人気なので、触るまでに少し待つ必要があることも。
並んでいると元気な子供が横から来て、子供が少し寂しそうな顔をすることもあります(笑)

とはいえ基本的にはおとなしく、触りやすいので、落ち着いて触れ合うことができます。
また、園の内側のケージには他にもうさぎがいます。
こちらはふれあいはできないのですが、見て楽しむことが可能です。

碑文谷公園のうさぎ(ケージ内)

こちらはケージ内のうさぎです。触れ合うことはできませんが、ゆっくり見ることはできます

犬は鎖につながれています

碑文谷公園の犬(ふれあい動物園)

ベテランの風貌のある犬も広場の中にいます。
こちらは鎖につながれていますが、とてもおとなしいです。
子供が来てもおちついて背中を撫でさせてくれます。

小動物だけでなく中型の動物とも触れ合えるのがありがたいです。
こどもも恐る恐るなでていました。

亀は見るだけです

出口付近の池?には亀もいます。
こちらには3匹の亀がいますが、どれも見るだけでふれあいはできません。
私は実家でも亀をカメが大好きです。
全然動かないですし、ゆっくりとしていますが、なんだか見ていて飽きないんですよね。

碑文谷公園のカメの写真

再訪してカメの写真も撮ってきました

碑文谷公園の手洗い場

動物とのふれあいの後は手を洗いましょう(笑)

小動物との触れ合いは完全に無料です

こちらの公園、入園だけでなく、動物広場でのふれあいも無料です。
特に入園料などを支払う必要はありません。

これだけの種類の動物としっかりふれあいができるのに無料とは・・・
本当にありがたい限りです。

今回利用者アンケートを募集されていたのでせめてこれくらいは、と書いてきました。
子どもたちにとってとても良い場だと思うのでこういうものが続いていくといいなと思います。

営業時間は15時まで、昼休憩があるのでご注意を

営業時間は
午前の部:10時~11時30分
午後の部:13時30分~15時
というふうになっています。
午後3時にはしまってしまうのと、昼休みがある点にはご注意ください。
また、年末年始と月曜日はお休みです。
祝日の場合は月曜日を営業してその翌日を休みとするようです。
せっかく言ってもしまっていて小動物に会えないと残念なのでご注意ください。

目黒駅からのバスや学芸大学駅から行かれます

碑文谷公園の最寄り駅は東急東横線の学芸大学駅です。
公式の表示によると徒歩6分のようです。

また、目黒通りを通るバスのバス停からも行かれます。
碑文谷五丁目交番(ひもんやごちょうめこうばん)のバス停からだと
学芸大学駅から歩くのと同じく6分程度でつきます。

場所が少々わかりづらいかもしれないので地図を確認すると良いと思います。

公園なのでもちろん遊具もあり、しっかり遊べます

目玉は動物との触れ合いですが、公園としてもかなり広いです。
滑り台やブランコ、砂場などの遊具や遊び場もあり、
ボール遊びをしている人も見受けられます。
週末はボートに乗ることも可能です。
ということで、かなり子供と遊べる場所なので、動物との触れ合い以外にも楽しみがいっぱいです。
人気があって少々混んでいるのが難点ですが、賑やかで良いところとも言えます。

子供が大きくなってきたらポ二ーもおすすめです

こちらでは主に小中学生を対象にポニーの乗馬もやっています。
3ヶ月定額で動物とのふれあいをするクラブのようなものもあるようです。
ポニーへの乗馬は1回200円と有料とは言えとても安いです。

娘や息子にも良い機会なのでもう少し大きくなったら体験してもらおうかなあと考えています。

碑文谷公園の基本情報

最後までお読みいただきありがとうございます。

少しでも役に立ったり共感できる部分があれば
下のボタンから
「いいね」や「シェア」、「はてブ」、「ツイート」などで応援していただけると嬉しいです。
よろしくお願いいたします。
ありがとうございます!

よかったら他の記事もクリックしてみてください。

Twitterもやってます(フォロー歓迎)

おすすめの記事