妻が出産後の入院中なので、娘と2人で児童館のプログラムに参加しました。
児童館には週末に遊びに行ったり家族でイベントに参加することはありましたが、
普段の教室のようなものに2人で参加するのは二回目です。
それなりに行き慣れた児童館とはいえ少しドキドキでした。

ですが、行ってみたらとても楽しく、
かつ娘の可愛い様子もたくさん見られたので大満足です。

本日のプログラムは「身体測定」「グッズづくり」「鬼退治」

通っている児童館では月に1度身体測定をしているようです。
今回はその日だったので身長と体重測定がありました。
それ以外に紙の工作で鬼のポシェットを作るものと、
鬼(に扮した職員の方)が来るのでボールを投げるという内容でした。

☆鬼のポシェットづくり
紙を使って鬼のポシェットを作りました。
基本的には折り紙の「バケツ」と同じ要領です。
そこに
・もじゃもじゃの髪の毛
・角
・首から下げるための紐
を付けたら完成です。

紙の色は選べるのですが娘は赤を選びました。
作っていたらこんな感じになりました。

鬼のポシェット
ちょっと赤一色過ぎましたが・・・
楽しかったので良かったです。

ちなみに帰りにはこのポシェットに落花生を入れてもらいました。

※「バケツ」についてはこちらのブログで紹介されている「伝承コップ」と同じものです。
http://blog.livedoor.jp/xyzxyz4/archives/51322681.html

鬼が出たら号泣しながら「福は内」

そしてポシェット作りと部屋の片づけがひと段落すると鬼退治です。
階段したから不気味な音が響いてきます。
子供たちはそちらに注目。
そして視界に赤鬼が映った瞬間
「ええ~~~~~ん」
娘をはじめ数人が大号泣でした。

こんなにわかりやすく泣くんだ、と感激する位見事な泣きっぷりでした。
やっぱり怖いんですね。
とてもかわいかったです。

今回は豆ではなくボールをぶつける企画でした。
娘は号泣しながら
なぜか

むすめ
ふくはうちー!

と言ってボールを投げていました。

先日家で祖母と豆まきの練習をしていた娘。
福は内の方が印象的だったんですね。

最初はなんとか頑張って投げていましたが途中で怖さがピークに達したようで

むすめ
とっとがかわりにふくはうちやってー!

とお願いしてきました。本当に可愛かったです。

季節感のあるイベントを子供と過ごすのはとても良いです

こうした季節感のあるイベントに子供と参加するのはとても良いなと改めて感じました。
季節を感じることもとても楽しいですし、
繰り返していくことで子供の成長も大きく感じられるなあと。
育休の2日目も終わり、なんだかあっという間に過ぎてしまいそうで怖いですが、
これからも楽しみです。

親の交流にも徐々に慣れていきたいです

今回はお話したことのあるお母さんがいたのでよかったです。
また、妻のことを知っている方は多くいらっしゃり、
子供が生まれたことをお伝えするとお祝いの言葉をいただきました。
非常にありがたい限りです。
私はあまり社交性には自信がないのですが、
せっかくの機会なのでこれから少しずつ親の交流も温めていきたいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございます。

少しでも役に立ったり共感できる部分があれば
下のボタンから
「いいね」や「シェア」、「はてブ」、「ツイート」などで応援していただけると嬉しいです。
よろしくお願いいたします。
ありがとうございます!

よかったら他の記事もクリックしてみてください。

Twitterもやってます(フォロー歓迎)

おすすめの記事